ガソリン価格の今後は?2016年は値上げに転じるのか?

f:id:bigconchan:20160218162506j:plain

2016年ガソリン価格が安くなっていることは

実感している人も多いと思います。

ガソリンだけでなく灯油などの石油製品全般に

言えることなのですが、

2016年以降のガソリンの動向はどの様なことが

予想されるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

ガソリン価格が下がっている訳は?

ガソリン価格が全国的に安くなっています!

全国のガソリン価格(リアルタイム)

 

ガソリン価格が安くなっている要因には

様々なことが指摘されています。

一時期、IS(イスラム国)が支配した地域である

イラク北部などのキルクークといった油田から裏取引で

石油が輸出されガソリンが安く出回るといったことが

ありました。

安く出回った石油は

武器などの購入の資金源になっていたことから

現在では有志連合による空爆でかなり影響が出ており

これまで通りに

石油を輸出することは難しくなっています。

 

ガソリンが安くなっている原因としては

IS(イスラム国)というよりも

によるものと言われています。

 

ロシアが東シベリアの石油開発を行い

中国へのパイプラインでの石油輸出を始めたものの

アメリカのシェールガスに対抗して

サウジアラビアが石油価格を安く輸出していることから

ガソリン価格が安くなっており

ロシアは経済的にも非常に大変な時期に入っています。

 

また、

中国人の「爆買い」も良く知られていますが

中国の経済はさらに低下して行くことは

不動産を始め貿易統計などを見ても

今後の懸念材料として残っています。

 

さらに

イランは核開発問題をクリアして

制裁解除されたことにより

今後はイランも大手を振って石油を輸出することが

可能となったことは

市場にイラン産の石油が出回ることになることに

つながりますので、

ますます、

ガソリン価格は値下げ傾向になるのかも知れません。

スポンサーリンク

 

今後、ガソリンは値上げに転じるのか?

ガソリンが値上がりするのであれば

次のことによって

ガソリン価格が上がるのかも知れません。

 

 

中国やアメリカの要因は

あまり考えられないことですが、

サウジアラビアとイランのケースが

今後のガソリン価格を左右するのではないでしょうか?

 

とはいえ

 

サウジアラビアとイランが減産で合意するのか?

ということを考えると

元々、サウジアラビアはアメリカのシェールガス

対抗して石油を増産、石油価格を下げた経緯があります。

 

また、

 

という違いから犬猿の仲の間柄なので

石油産出国の2大国である

サウジアラビアとイランが

今後、石油の減産で合意があるのかに注目が

集まっています。

 

ところが・・・

 

合意以前の問題として

サウジアラビアの国王が変わってからというものの

急進的という言葉は適切ではないかも知れませんが

イランとの国交断絶にも発展しています。

 

サウジアラビアとイランが一触即発の様な自体に

なってしまうと当然石油が日本に届き難くなれば

石油は値上がりということになります。

 

政治的にも不安定な中東ですが

石油減産のニュースが流れたら

ガソリン価格が値上がる合図として

捉えるのが得策と言えそうです。

スポンサーリンク