北海道新幹線の名前のはやぶさ・はやての違いと停車駅は?

f:id:bigconchan:20160302163504j:plain

北海道新幹線が2016年(平成28年)

3月26日(土)に開業となります。

北海道新幹線新青森駅と接続しての直通運転となりますが、

北海道新幹線の名前である「はやぶさ」と「はやて」

の違いと停車駅はどの様になっているのでしょう。

(画像はJR北海道よりの出典)

スポンサーリンク

 

北海道新幹線の名前のはやぶさ・はやての違いは?

北海道新幹線は冒頭にもある様に

東北新幹線新青森駅からの運行となります。

 

東北新幹線の延長上にあることから

北海道新幹線の車体の色は

東北新幹線のイメージと重なる様な色合いとなっています。

 

  • 上部:常盤(ときわ)グリーン
  • 下部:飛雲(ひうん)ホワイト
  • 車体中央:彩香(さいか)パープル

 

での色の構成となっており

彩香(さいか)パープルは

をイメージしています。

 

ところで、

北海道新幹線の名前は

東北新幹線の名前を継承しています。

 

というのも

 

北海道新幹線の車体の色と同様に

東北新幹線と接続していることから

イメージや利用者の混乱を避けるためにも

東北新幹線

同じ名前になったとされています。

 

なお、

はやぶさとはやての違いは

距離や停車駅の違いとも言え

 

はやぶさ

東京・仙台~新函館北斗を直通運転する列車

 

はやて

盛岡・新青森新函館北斗間を運転する列車

 

の違いがあると考えると分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

 

北海道新幹線の運行速度や停車駅は?

北海道新幹線JR北海道が管轄することになります。

 

車両はJR東日本のE5系をベースにした

H5系を採用しています。

東北新幹線のE5系と同様に320km/hでの

走行可能な性能はありますが

北海道新幹線の営業最高速度は260km/hです。

 

なお、

青函トンネル間は在来線との共有区間の速度は

140km/hで当面運行され、

北海道新幹線の運行本数は1日13往復、

編成は10両編成となっています。

北海道新幹線の停車駅は

となっており、およそ148kmの長さとなります。

 

また、

2030年度末(平成42年度末)には

新函館北斗駅から札幌駅までの延長が予定されており

停車駅は

が新設され、およそ212kmの長さとなります。

 

北海道新幹線新青森新函館北斗間の開業により

  • 新函館北斗~東京:およそ4時間(これまでより1時間短縮)
  • 新函館北斗~仙台:およそ2時間30分
  • 新函館北斗~新青森:およそ1時間

で結ばれることになります。

 

地域活性化にもつながる

北海道新幹線の開通は期待の声が多くある一方で

新幹線が開通すると思わぬ光と影があります。

とはいえ

今後の北海道には注目が集まりそうですね!

スポンサーリンク