高校野球 滋賀学園の井川選手がサングラスを使う理由とは?

f:id:bigconchan:20160324095430j:plain

センバツで滋賀学園の井川翔選手がサングラスをして

プレーをしていることが話題になっています。

テレビ中継を観ていて、あれ?と思ったのは

自分だけではないと思うのですが、

どの様な理由があって

井川翔選手はサングラスを使っているのでしょう。

スポンサーリンク

 

滋賀学園はどの様な高校なの?

センバツの1回戦で滋賀学園は群馬の強豪桐生第一高校

9-5で打ち勝ち2回戦に進出、滋賀学園としては

春夏通して甲子園初勝利をあげることになりました。

 

2年生ピッチャーの神村月光選手の

素晴らしいピッチングも非常に良かったのですが

セカンドを守る3年生井川翔選手の好プレーに

助けられたことも大きかったと思います。

 

関西・近畿の高校野球はレベルが高いのは

周知の事実ですが、

近畿大会では準優勝と

かなりチカラのあるチームであることは間違いない様です。

 

滋賀学園は滋賀県東近江市にあり

1933年に和服裁縫研究所として始まり

八日市高等女子専門学校
八日市女子高等学校

を経て

1999年に滋賀学園高校

2003年に滋賀学園中学校

と比較的新しい私立の中学校・高校です。

 

学科にはS類として

スポーツ系がありますので

野球部員も多くが

S類に所属しているのはないかと思われます。

スポンサーリンク

 

滋賀学園の井川選手がサングラスを使う理由とは?

井川翔選手は岐阜の高富中学校出身で

岐阜中央ボーイズに所属していたことから

岐阜から滋賀へ、いわゆる野球留学として

滋賀学園に入学したのではないかと思います。

 

ところで、

井川翔選手がサングラスを使う理由は

光アレルギー

であるために地方大会やセンバツでも

使用許可を得てサングラスを使うことになったそうです。

 

日本のプロ野球やメジャリーグなどでも

太陽の光が妨げとなってエラーをしないためにも

サングラスをすることはしばしばあることですが

井川翔選手の場合は光アレルギーのための

サングラスということになります。

 

井川翔選手は高校1年生の秋ごろから

光アレルギーに悩まされて

 

「視力は左右とも1.5ですが、

目がチカチカしたり、

前が見えなくなるくらい気分が悪くなり、

日常生活もまともに送れませんでした」

 

 

と語るほど支障があったそうです。

 

光アレルギーによって

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 眠気
  • まばたき

などが増えていたそうですが

病院で診察を受けたところ

光や砂ぼこりが原因ではないかと判明したとのこと。

 

一般的にアレルギーを言うと

食物アレルギーや花粉アレルギーを

イメージすることが多いと思います。

 

例えば、卵アレルギーは

卵を食べることで、身体が卵を異物として捉えて

排除するために過剰に反応してしまうのが

アレルギー反応ですが

井川翔選手の場合は対象が「光」となっている

ということになりますが珍しいケースの様です。

 

井川翔選手は視力が1.5ですので

普段はメガネを使うことが無く

 

「メガネをかけたこともなかったので、

距離感がわかりにくかったです。

打球のイレギュラーは今でも怖いです」

 

 

と述べています。

 

井川翔選手にとってもサングラスは

野球をする上でも、

支障が生まれている様子で、大変な状況ですが、

堅実なプレーには目を見張るものがあります。

甲子園での活躍を期待したいと思います。

 

センバツはベスト8となった滋賀学園ですが

地元の県議会議員からは罵声を浴びてしまいました。

 

medama.hatenablog.com

 

地元の県会議員としてはいかがなものか?

と思いますが

逆風に負けず、更なる飛躍を期待したいところです。

スポンサーリンク