高速道路制限速度引き上げはいつから?区間や条件と理由は?

f:id:bigconchan:20160325141223j:plain

高速道路の制限速度が120キロへと変更になります。

試験的に

静岡県の新東名と岩手県東北道の一部での実施となりますが、

120キロの開始はいつからなのでしょう。

また、

区間や条件、容認の理由とはどの様なものによるのでしょう。

スポンサーリンク

 

高速道路の120キロになるのはいつから?

1963年の名神高速道路が

日本で最初の高速道路として開通しましたが

最高速度は100キロとされて来ました。

 

しかしながら、

最高速度について、現行の100キロから

120キロへの容認が条件を満たした上で

順次拡大することが決まりました。

100キロの最高速度が120キロと

最高速度が上がるのは初めてとなります。

 

ところで、

静岡県の新東名と岩手県東北道の一部での

120キロ走行が実現しますが

高速道路の120キロになるのはいつから?

ということになると

静岡県・岩手県両県の公安委員会

最高速度100キロを緩和して試行するのは

2017年以降

の開始ということになります。

 

ただし、

速度は段階的に引き上がることが検討されており

当初は110キロでの試行されますが、

トラックなどの大型貨物は

現行と同様に80キロのままとなります。

 

2017年以降であることや

段階的に速度の引き上げが考えられていること

そして、

大型貨物車は現行の80キロとなりますので

勘違いをして違反にならない様に注意が必要です。

スポンサーリンク

 

高速道路120キロの区間や条件と容認理由は?

高速道路の最高速度が

120キロと容認される予定なのは

次の2つの高速道路及び区間となります。

 

東北自動車道

花巻南インターチェンジ~盛岡南インターチェンジ(一部)

 

東名高速道路

御殿場ジャンクション~浜松いなさジャンクション(一部)

 

全線ということではなく

詳細な120キロ試行区間や開始時期は

岩手県と静岡県の両県公安員会が

2017年以降に決めることになります。

 

今後は試行区間での

事故の発生や実勢速度などを調べた上で、

速度引き上げの対象路線や区間を拡大して

行く方針が決まっていますので

東北自動車道・新東名高速道路

の2つの高速道路の試行結果が

各路線の速度引き上げに

つながって行くということになります。

 

ところで

高速道路120キロまでの最高速度が

容認される条件というのは

高規格の各高速道路

が順次120キロまでの速度引き上げ対象の

条件となります。

 

高規格高速道路とは

自動車が高速でも安全に走行をすることが

出来る構造の道路を指し、

自動車の高速交通の確保が可能なことが

前提となっています。

 

例えば、

東名高速道路東海地震を想定して上で

幹線の確保という意味合いがありますが、

トンネルが多いという一面、カーブが少なく

比較的直線が多いことなど

高規格高速道路となっています。

 

高速道路で120キロがどうして容認されるのか?

という理由も気になりますが、

1963年の名神高速道路開通以来、

最高速度は100キロとなっていましたが

道路整備や自動車の性能技術や安全性の向上によって

より安全になったこともありますが、

実勢速度と規制速度のギャップを埋め、

利便性の向上を高めること

が高速道路の最高速度引き上げを実施する理由と

されています。

 

高速道路での最高速度が120キロとなると

車種によって速度の違いがあることや

事故の際のドライバー・同乗者の影響などが

課題となりますが、

まずはドライバーの

安全運転が肝要なのは言うまでもありません。

 

でも・・・

120キロで走行してみたいですね。

スポンサーリンク