大分の地震の今後の予想や予測は?熊本と中央構造線の関係!

f:id:bigconchan:20160422141935j:plain

平成28年熊本地震が発生した後に大分でも大きな地震

発生しています。

別府市由布市湯布院町などで被害が出ていますが

大分での地震の今後の予想や予測は

どの様な説明がされているのでしょう。

熊本での地震中央構造線との関係も気になります。

スポンサーリンク

 

大分の地震の今後の予想や予測と熊本との関係

平成28年熊本地震

  • 布田川断層帯(東北東~西南西)
  • 日奈久断層帯(北東~南西)

の横ずれ断層型地震によるものと分かって来ています。

 

f:id:bigconchan:20160418092746j:plain

 

(画像出典:中日新聞

 

熊本では今後、布田川断層帯と日奈久断層帯で

断層のずれが生じていない

宇土半島方面や八代方面に地震が発生する可能性がある

とされています。

 

ところで

平成28年熊本地震では布田川断層帯と日奈久断層帯の

活動により

阿蘇山や大分での地震が誘発されたという見方があります。

 

大分に地震が飛び火した形になりますが

専門家の間では

今後、大分県での地震が単独で起こることに

懸念がされています。

 

というのは

 

大分には

別府―万年山断層帯

があり、別府―万年山断層帯の活動が活発になると

さらに大きな地震が大分で発生すると

考えられているからです。

スポンサーリンク

 

大分の地震の今後の予想や予測と中央構造線との関係

熊本の布田川断層帯と日奈久断層帯

大分の別府―万年山断層帯

というのは、日本で1番大きな断層帯でもある

中央構造線

に沿った形で存在します。

 

f:id:bigconchan:20160418092616p:plain

 

(画像出典・中央構造線博物館)

 

中央構造線は熊本が西端とされ

大分~佐田岬半島紀伊半島

~静岡~長野~関東

にある数千キロにも及ぶ断層帯です。

 

「一五九六年、大分県から四国、近畿にかけて、

中央構造線に沿って地震が連続した例も、

頭の片隅に置いた方がいい。

また、

南海トラフ地震)などへの影響がないとも言い切れない」

 

名古屋大学の鷺谷威教授の言葉にある通り

中央構造線

慶長大地震(慶長伊予地震・慶長豊後地震

を引き起こしています。

 

愛媛や大分に大地震があったことになりますが、

マグニチュード7クラスとも言われる

慶長大地震ですが

大分と四国が連動していることが分かります。

 

地震の専門家が今後の大分での地震

注視するというのは

過去にあった慶長大地震(慶長伊予地震・慶長豊後地震

の事例があるからとも言えそうです。

 

熊本でも大分でも地震の予想・予測は

非常に難しいことは自明のことですが、

熊本の布田川断層帯と日奈久断層帯

大分の別府―万年山断層帯

共に今後の地震の動きが心配ですが

中央構造線の動きも非常に心配です。

 

また

九州は比較的地震が少ないイメージがありますが

日本全体が地震の活動期に入ったとも言われています。

 

日頃から地震の備えをしておくことや

地震の情報にも耳を傾ける必要がありそうです。

スポンサーリンク