浦和レッズの身売りや合併の可能性と日産傘下の三菱自動車!

f:id:bigconchan:20160324131843j:plain

三菱自動車の不正問題で浦和レッドダイヤモンズ浦和レッズ)が

身売りや合併するのでは?と取り沙汰されています。

株式の規定が浦和レッズの身売りや合併に関係しているのですが

どの様なことが理由となるのでしょう。

名門である浦和レッズですので、

あってはならないことを回避するためには

どの様なことがあるのでしょう。

スポンサーリンク

 

三菱自動車が日産傘下になったことが身売りや合併に?

三菱自動車の不正問題に注目が集まっていますが、

これまでも三菱自動車には様々な不正問題が生じており、

そのつど、三菱グループが金融支援など助け舟を出すことで

三菱自動車は存続して来ましたが

2016年に発覚した三菱自動車の不正問題の解決策の

1つとして

三菱自動車日産自動車傘下に入ることで大筋合意しました。

 

今後は日産自動車が主導して、

三菱自動車の運営やユーザー対応をして行くことになります。

 

medama.hatenablog.com

 

日産自動車三菱自動車を傘下にするにあたって

2372億円を出資することで

三菱重工などの三菱グループを抜いての

およそ37%の筆頭株主となり、日産自動車から三菱自動車

役員などを派遣することになります。

 

日産自動車としては

といった利点があります。

スポンサーリンク

 

浦和レッズの身売りや合併の可能性は?

日産自動車傘下の三菱自動車となることで

浦和レッズが身売りや合併になるのではないか?

と憶測が流れています。

 

というもの

 

Jリーグでは

1つの企業が複数のサッカークラブを持つことは禁止

という規定があるからです。

 

公正といった意味から

規定があることは支持することが出来ますよね。

 

ところで

 

を取得していますので

Jリーグの規定に抵触することになってしまいます。

 

6月下旬までには申請が必要となりますが

チーム名やチームカラーはどうなってしまうのでしょう。

 

ご存知通り横浜Fマリノス

横浜マリノス横浜フリューゲルスが合併したチームです。

横浜フリューゲルスのスポンサーであった

佐藤工業の経営不振と当時の全日空が赤字であったことから

事実上は横浜マリノスへの吸収合併といった経緯があります。

 

でも・・・

浦和レッズが身売りや合併ということについては

あってはならないことと思っています。

 

三菱グループである三菱重工業キリンビールなどの

三菱グループ浦和レッズの運営をして

チーム名やチームカラーもこれまで通りにして欲しいと

考えています。

 

浦和市は少年サッカーや高校など

サッカーとの縁は歴史的にも古く

浦和レッズは歴史ある三菱重工業サッカー部

母体となって

Jリーグ創設から参加している名門クラブです。

 

また、

熱狂的なサポーターのチカラも

Jリーグ内でもトップクラスで

野球で言えば、阪神タイガーズの様に

特別な存在であると思います。

 

浦和レッズが身売りや合併という言葉だけでも

聞きたくない気持ちになります。

 

三菱自動車日産自動車の傘下となりますが

浦和レッズに関しては

三菱グループでこれまで通り運営して欲しいと願うばかりです。

スポンサーリンク