原宿駅の建て替えや解体はいつ?理由と新駅舎の反応や意見

f:id:bigconchan:20160609112937j:plain

JR山手線の原宿駅は建て替えとなるそうですが、

解体それとも保存になるのでしょうか。

1980年代は竹の子族ホコ天などで有名になった原宿駅ですが

現在でもファッションを始め、いわゆる若者文化の発信地

として多くの人で賑わっています。

原宿駅が建て替えられるということで、原宿駅の駅舎や

新駅舎はどの様になるのでしょう。

スポンサーリンク

 

原宿駅の建て替えはいつ?理由は?

原宿駅の建て替えの理由は、もちろん

2020年東京オリンピックパラリンピック

に対応するためということになります。

 

東京オリンピックパラリンピックでの競技施設でもある

国立代々木競技場は原宿駅からも近いことで

  • 手狭
  • 老朽化

という見地から

原宿駅の建て替えをするということに至っています。

 

原宿駅は1924年(大正13年)に建てられており

東京都内の駅舎では最古とされています。

原宿駅の特徴として

ハーフティンバー

という建物の半分は木造で建てられたイギリス中世の駅舎ですが

愛着を覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

なお、

原宿駅の建て替えは

早ければ2016年

から始まる予定となっています。

スポンサーリンク

 

原宿駅の建て替えと新駅舎の反応・意見は?

現在の原宿の駅舎の南側に線路をまたぐ形で

2階建ての新駅舎が作られる予定となっています。

 

原宿駅の新駅舎では

年始だけ使っている臨時のホームを

山手線外回りの常設ホームにするほか

明治神宮側にも新たな出入口を設けて

混雑緩和を図ることになっています。

 

f:id:bigconchan:20160609113028j:plain

 画像出典:JR東日本

 

ところで

原宿駅の新駅舎が出来た場合、

大正期に作られた西洋風建築の現駅舎はどうなるのでしょう。

 

現状では、解体と保存については未定となっており、

JR東日本では

「地元や渋谷区の意見を聞いて検討したい。」

としています。

 

また、

原宿神宮まちづくり協議会の意見では

「混雑が緩和されるのは良いことだが、

今の駅舎は原宿のシンボになっており、

残して欲しい気持ちもある。」

 

と語っていますが、

多くの意見や反応としては

現駅舎は保存

という声が多くあります。

 

多くの人の意見募集ということはない様ですが

原宿駅の解体の決定はせずに

出来れば保存の方向で進んでくれればと思います。

 

また、

新駅舎に関しては様々な反応や意見がありますが、

今までの原宿駅がレトロな感じなので

近代的な原宿駅にはちょっと驚いている人が多そうです。

 

ところで

原宿駅からほぼ400mのところに

皇室用のホーム

があるのですが、皇室用のホームはどうなるのでしょう。

 

なお、

中央線千駄ヶ谷駅信濃町の駅も

ホームドアの設置やエレベーターの増設などの

改良を進めるとのことです。

 

東京オリンピックパラリンピックのためを含め

利便性が高まるのは良いのですが、

歴史的な物や愛着のある物は

技術的に可能であればなるべく保存して欲しいと思います。

スポンサーリンク