ペルセウス座流星群2016と場所や方角・位置と時間のピーク!

f:id:bigconchan:20160530125244j:plain

夏の自由研究にもピッタリな夏の風物詩

ペルセウス座流星群

が2016年も観測することが出来ます。

北海道から東北・関東・中部・関西・中国・四国

そして九州・沖縄と幅広い地域で観測することが出来る

ペルセウス座流星群ですが

やはり場所や方角・位置と時間のピークが気になります。

2016年のペルセウス座流星群を観測するための

コツなどはどの様になっているのでしょう。

スポンサーリンク

 

ペルセウス座流星群の場所や方角・位置と時間のピークは?

ペルセウス座流星群が観測することが出来る場所や

方角・位置が気になりますが

北東の夜空

が方角や位置となると言っても

ペルセウス座の近くの「放射点」を中心に四方八方

に出現するため

空の広い範囲を見渡すことにより、

多くの流星を見つけられます。

 

 

ピーク時であれば暗い夜空であれば

1時間当たり45個以上の流星が

見られるとされています。

 

f:id:bigconchan:20160808142059j:plain

 画像出典:国立天文台 天文情報センター

 

ところで

2016年のペルセウス座流星群の見頃となると

  • 8月12日(金)夜~8月13日(土)未明

が最も良い日時・時間となりますが

そのほか

  • 8月11日(木・祝)~8月12日(金)
  • 8月13日(土)~8月14日(日)

も多くの流星が出現されると予想されています。

 

8月12日(金)夜~8月13日(土)未明

が1番良いのですが、ご都合もあろうかと思いますので

お天気が良い時を選んで

8月14日(日)前後までには観測をしたいものですね。

スポンサーリンク

 

2016年ペルセウス座流星群を観測するためのコツは?

毎年恒例の夏の風物詩のペルセウス座流星群ですが

2016年のペルセウス座流星群を観測するためのコツは

どの様なことが言えるのでしょうか?

 

2016年のペルセウス座流星群を観測するためには

月が沈み暗くなる夜中以降

と言われています。

 

とはいえ

 

親子で夏休みの自由研究で観測を・・・と考えている

こともあろうかと思いますが

  • 月が沈んだ後の観測
  • 月明かりが視野に入らない方角・方向を向いての観測

という2つの方法がありますので

お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

ペルセウス座流星群は、「放射点」から

四方八方に出現するので

観測はしやすいと言えそうです。

 

また、

嬉しいことに

2016年のペルセウス座流星群

宇宙空間に流星のもとになる「ちり」が多いことから

例年より多くの流星が観られるという予想があります。

 

ペルセウス座流星群の流星に願いを掛ける人も

夏休みの自由研究にしたい人も

夏の風物詩を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク