お盆休みの関東の穴場なスポット2016!おすすめの冷える場所

f:id:bigconchan:20160728094949j:plain

夏休みやお盆休みには旅行を含めてお出かけになる人が

多くいらっしゃいます。

しかしながら、熱い夏です!

比較的混雑・渋滞をせずに涼しい場所に向かうのも

夏休みやお盆休みには最適かも知れません。

関東の穴場なスポットで、さらに冷え冷えスポットを

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

関東(群馬県・栃木県)の穴場な冷え冷えスポット!

群馬県:不二洞

群馬県の不二洞は関東一の規模を誇る洞窟です。

全長:2.2キロ

120メートルの人工トンネルを通ってから

およそ40メートルのらせん階段を登って進みます。

 

およそ400年前に地元の僧侶が不二洞を広めたことから

不二洞の中の45カ所には

仏教にちなんだ名称が付けられています。

 

  • 閻魔の金剛杖:祈願しながら7度触ると願いが叶う
  • 五百羅漢:仏像が並んだ様な石筍

といったぜひ見たり触れたりしたいポイントがあります。

 

LEDでライトアップされていますので

楽しさも倍増しそうです。

 

なお、不二洞は群馬県の天然記念物です。

 

 

栃木県:大谷資料館

テレビで観たことがあるかも知れませんが

大谷資料館は大正8年から昭和61年まで稼働していた

採石場の跡地です。

 

地下およそ30メートル

広さおよそ2万平方メートル

という巨大な採石場の跡地として有名です。

 

  • 手掘り時代のつるはし
  • 機会掘りの丸鋸

の跡を見ることが出来る上に

石造りの階段などがあり

巨大な神殿の様な空間と言えます。

 

旧帝国ホテルで建材として使われ

愛知県の明治村には移築保存されています。

というもの

大谷の石は丈夫で耐火性に優れている上に

軽くて柔らかい特徴があるからとされています。

 

  • 栃木県宇都宮市大谷町909
  • 気温:8度
  • JR宇都宮駅からバスでおよそ30分
  • 東武宇都宮駅からバスでおよそ20分
  • 入館料:700円
  • TEL:028-652-1232

スポンサーリンク

 

関東(東京都)の穴場な冷え冷えスポット!

東京都:日原鍾乳洞

東京にも冷え冷えスポットがあります。

 

日原鍾乳洞

平安時代に発見された旧洞

昭和37年に発見された新洞

からなるおよそ800メートルの洞窟です。

と名称が付けられた奇岩や

弘法大師が修行に使ったと言われている

空洞などがあります。

 

日原鍾乳洞は途中に複数の分岐点がありますが

どちらを選んでも

およそ40分ですべてを周れる様になっています。

 

特に新洞は急こう配があり、

ひと苦労するかも知れませんが

天井からはつらら状の鍾乳石などがあり

人気のスポットとなっています。

 

なお、日原鍾乳洞は東京都の天然記念物です。

 

  • 東京都奥多摩町日原1052
  • 気温:11℃
  • JR青梅線奥多摩駅からバスでおよそ35分
  • 入場料:700円
  • TEL:0428-83-8491

 

関東の3つの冷え冷えスポットをご紹介しました。

お盆時期など暑い夏には天然の冷蔵庫に行くのも

選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、

滑べるやすく寒ささえ感じることがあるので

  • 歩きやすい靴
  • 上着

の用意をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク