豊洲市場の盛り土の責任者は誰?比留間英人元市場長の主張!

f:id:bigconchan:20160331101134j:plain

豊洲市場のコンクリ案とはどの様なものなのでしょう。

東京都が進めて来た築地市場から豊洲市場への移転問題で

豊洲市場の土壌汚染を防ぐための盛り土がなかったことで

豊洲市場への移転が暗礁に乗り上げています。

盛り土の代わりにコンクリ案があったことが

分かって来ましたが

コンクリ案については石原慎太郎東京都知事

比留間英人元市場長の主張は真っ向から対立しています。

豊洲市場の盛り土の責任者は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

石原慎太郎東京都知事の主張とは?

石原慎太郎東京都知事

は2008年5月19日に盛り土をすることが

決定されたことに対して5月30日の定例会見で

盛り土案に疑問を呈いて

工費を抑えるためにも

地下にコンクリートの箱を埋めることで

建物を支える工法があると発言しています。

 

 

石原慎太郎東京都知事のコンクリ案については

「都庁の役人からそういう情報を聞いていたから

そういう意見があると取り次いだだけ。」

 

「全部下(東京都職員)や専門家に任せていた。

建築のいろはも知らないのに

そんなことを思いつく訳がない。」

 

 と

石原慎太郎東京都知事がコンクリ案を

引き出したことを否定しています。

スポンサーリンク

 

比留間英人元市場長の主張とは?

石原慎太郎東京都知事の主張と相反することを

発言しているのは

比留間英人元市場長

です。

 

medama.hatenablog.com

 

当時の築地市場の責任者とも言えるポストにいた

比留間英人元市場長は

2008年5月ころに

石原慎太郎東京都知事から

海洋学者がコンクリートを利用する工法がある

という意見を言っているので、

「こんな案があるから検討してみてくれ。」

と指示を受けたと発言しています。

 

しかしながら

 

2009年1月または2月に

コンクリ案では

かえって工費が掛かるなどのことが分かり

技術会議で盛り土をする工法が決定して

「地下コンクリート案は採用できない」

と比留間英人元市場長は

石原慎太郎東京都知事に伝えたとされています。

 

豊洲市場の設計者は日建設計ですが

豊洲市場の設計会社を途中で代えたことが

問題であったと

石原慎太郎東京都知事は主張していますが、

途中で代えた事実はないとのことです。

 

コンクリ案が始めから話に出なければ

豊洲市場も盛り土問題はなかったと思います。

 

石原慎太郎東京都知事

または

比留間英人元市場長

がコンクリ案を考えているとミスリードされて

豊洲市場の設計者である日建設計

伝わったのかも知れません。

 

同時に

 

東京都は盛り土ではなく

建物の地下に空間を作り

駐車場にすることを暗に主張していたとも

言われています。

 

盛り土でなく

コンクリートで空間を作るという案は

誰からどのルートで

日建設計に伝わったのか(?)の

解明が必要と言えそうです。

 

同時に

 

東京都議会議員が東京都職員を責めていますが

東京都議会議員というのは

豊洲市場の建設状況を現場まで出向いて

現場監督などに説明を受けることは

なかったのでしょうか?

 

法案が提出されて可決で、「ハイ終わり!」

ということなのでしょうか。

 

本来なら現場で確認をしたりすることも

議員としての務めだと思います。

議員というのは、ある意味ボランティア的な

給与体系でも良いと思うのですがいかがでしょう。

スポンサーリンク