富山市議会議員 中川勇の不正な政務活動費の手口と金額は?

f:id:bigconchan:20160408124446j:plain

中川勇富山市議員が辞職をしました。

自宅は富山市清水元町2-1とされますが、

自宅の改修費や老後を考えて不正な政務活動費を

請求したとされています。

家族のためを思ってのことだったのかも知れませんが

富山市議会の政務活動費の問題は

一般市民からも不評の極みとなっています。

スポンサーリンク

 

富山市議会の政務活動費の問題とは?

富山市議会議員は

  • 月額60万円の報酬(別途ボーナス)
  • 政務活動費 月額15万円

が支給されています。

 

ところが

自民党会派会長でもある中川勇元議員が主導して

議員報酬を

月額10万円引き上げる

条例改正を

の3会派の賛成多数で可決しました。

 

この問題(議員報酬月額10万円の引き上げ)

が相応しいものではないとして

マスコミ各社が取材をしていましたが、

中川勇元議員(当時議員)が

北日本新聞社の女性記者を押し倒して資料を奪ったとして

北日本新聞社富山県警に被害届を提出する

ことから発展して

政務活動費の不正が明らかになりました。

 

確か・・・中川勇元議員は

富山市議会議員の報酬を引き上げることに対して

報酬が少ないと議員のなり手がいない・・・

などと苦笑してしまう様な理由を述べていた

と記憶しています。

 

女性記者の被害や資料を取り上げられることで

北日本新聞社を始めマスコミ各社は奮起!

一連の不正を暴いたことは称賛に値すると言えます。

スポンサーリンク

 

中川勇元議員の不正な政務活動費の手口

中川勇元議員は自宅の改修費として

月額19万円のローンを組んでいたとのことですが

政務活動費を「打ち出の小づち」の様に

思っていたのでしょうか?

 

中川勇元議員は不正の手口として

例えば・・・

架空の資料印刷代として

白紙の領収書に157500円

但し書きとして

市政報告会 資料コピー代(300部)

として計上していますが、

宛名は「富山市議会自由民主党

となっており、

誰が請求をしたのか(?)が

分からない様にしていました。

 

中川勇元議員以外にも不正な政務活動費を

請求していた富山市議会議員が複数いますが

手口としては

  • 白紙の領収書に好きな数字を書く
  • 領収書に数字を加える(例:2400円⇒42400円)
  • 領収書の自作

といった手口であったことが知られています。

 

また

2014年度には中川勇元議員は議長を務めていましたが

共産党系の議員が

余った政務活動費を返還していることを知ると

「市に政務活動費が不足していると訴えて

増額を要求したい。全額使いきれ。」

 

と伝えています。

 

政務活動費は税金なのですが

中川勇元議員はやりたい放題であった様です。

 

議員はある意味

ボランティア的な報酬でも構わないと

思うのですが・・・。

 

なお、

中川勇元議員は政務活動費を

遊興費として694万円を

不正に使ったということになりますが、

兵庫県で起きた野々村竜太郎元議員の

不正請求の様に事件として扱う必要がある

と思うのですが、

今後の展開を注視したいと思います。

スポンサーリンク