大隅良典栄誉教授の出身や高校・大学の学歴と関連株は?

f:id:bigconchan:20161003214946j:plain

大隅良典栄誉教授の出身や高校・大学の学歴や経歴

そして企業や関連株が気になります。

というのも

2016年ノーベル賞医学・生理学賞は

オートファジー(自食作用)を研究した功績により

東京工業大学大隅良典栄誉教授が受賞することとなりました。

オートファジー(自食作用)とは?

あまり聞き慣れない言葉ですが

人類にとってどの様な利点があるのでしょう。

スポンサーリンク

 

大隅良典栄誉教授の出身や高校・大学の学歴は?

大隅良典栄誉教授のプロフィールは次の通りです。

 

1945年2月9日生まれ

福岡県福岡市出身

父親九州大学工学部の教授を務める

 

 

で研究を重ね

名誉教授や栄誉教授の称号を贈られています。

 

名誉教授や栄誉教授の称号が贈られるほどですので

  • 2006年:日本学士院賞
  • 2008年:朝日賞
  • 2012年:京都賞基礎科学部門
  • 2015年:ローゼンスティール賞
  • 2015年:ガードナー国際賞
  • 2015年:文化功労者
  • 2016年:ワイリー賞

 と研究者として数々の受賞をしています。

 

大隅良典栄誉教授は東京大学理科2類から

東京大学教養学部卒業

という経歴となっていますが、

東京大学理科2類は

分類上理学部として知られていますが

教養学部の基礎科学化に興味を持って

進む道を変えたそうです。

 

東京大学には本当に好きな道を探すために

2年間の教養課程があると言われますが

大隅良典栄誉教授にとっても

有意義な東京大学のシステムに出会えた

ということが言えそうです。

スポンサーリンク

 

オートファジー(自食作用)の関連株は?

オートファジー(自食作用)自体の存在は

知られていたことですが

大隅良典栄誉教授はオートファジー(自食作用)を

分子レベルで解明したことが評価されたことの

一因となっています。

 

東京工業大学 大隅研究室

 

ところで、

オートファジー(自食作用)とは・・・

 

オートファジー(自食作用)の仕組みの分子レベルでの解明です。

オートファジーとは細胞内のタンパク質の分解と再利用の基本的な仕組みで、

その機能に異常が生じると神経変性疾患、癌、感染症等の病気を

引き起こすなど医療においてもその重要性が認識され始めています。

 

 

細胞が自身の一部を分解したり、内部の不要物を除去し、

侵入者を排除し、

健全な細胞を維持するオートファジー現象を

世界で初めて肉眼で観察することに成功しました。

オートファジーは細胞のリサイクルシステムであり、

体の恒常性を維持する機能を持っています。

大隅教授は、

オートファジーに関わる遺伝子群を明らかにし、

その分子機構を解明しました。

 

 

とされています。

オートファジーは

などを治療する医療への応用が期待されていますが、

オートファジー(自食作用)を利用することが

考えられる関連会社や関連株が気になる人も

いらっしゃるかと思いますが

オートファジー(自食作用)の関連会社や関連株

としては

などを上げることが出来ます。

 

日本では3年連続でのノーベル賞受賞者

出ていますが

基礎研究という地道な研究を続けている

優秀な学者・研究者が多いとも言えそうです。

スポンサーリンク