大隅良典栄誉教授のノーベル賞受賞に韓国の反応は?

f:id:bigconchan:20161003214946j:plain

東京工業大学大隅良典栄誉教授が

2016年ノーベル賞医学・生理学賞を受賞しました。

ノーベル賞というと韓国の反応が気になる人も多いかも

知れません。

お金でノーベル賞を買った・・・という声が

韓国から聞かれたこともありましたが、

東京工業大学大隅良典栄誉教授のノーベル賞受賞では

また違った韓国の反応があった様です。

スポンサーリンク

 

大隅良典栄誉教授がノーベル賞受賞!

日本人のノーベル賞受賞は

大隅良典栄誉教授で

25人目となります。

 

さらに、

医学・生理学賞では

に続いての4人目となります。

 

そして

自然科学部門で日本人単独でのノーベル賞受賞

となると

に続いての3人目の快挙となります。

 

ところで

大隅良典栄誉教授のノーベル賞受賞は

細胞が自らの構成要素を分解してリサイクルする

オートファジー(自食作用)

酵母の一種を使って需要な遺伝子を発見して

仕組みを解明したこと。

さらに

よく似た洗練された機構が人の細胞にもあることを

示して細胞のリサイクルについて新たな理解を

もたらしたことで

飢餓状態の適応や感染症への反応の様な多くの生理的過程で

オートファジーが重要であることを

研究、発見したことによります。

スポンサーリンク

 

大隅良典栄誉教授のノーベル賞受賞に韓国の反応は?

日本人のノーベル賞受賞にお金を積んだ・・・

という発言もある韓国ですが

「人がやってないことをやろうという考えで研究を始めた」

「研究を始めた時は、人間の寿命やがんに関する

研究につながるとは考えもしなかった。

科学分野の基礎研究はこのように、

方向が転換されるということを強調したい。挑戦こそが科学の精神だ」

 

という

大隅良典栄誉教授の発言で

韓国では

「同じアジア人として尊敬する」
「かっこいい。先進国民らしい発言だ」
「本当にうらやましい」
「今後も、大隅教授のような純粋な研究者がノーベル賞を受賞するべき」
「それこそが革新。他人と違う特別な研究をするから特別な結果が生まれる」
「韓国で同じことを言ったら、

周りの教授らに『飢え死にする気?金になることをしなさい』と言われる」
「本当に科学が好きで学ぶ日本人と、生活のために学ぶ韓国人の差だ」
「韓国は技術者を軽視するが日本は優遇する。当然の結果」
「韓国人の少年時代の夢はアイドル…」
「韓国で堂々と『科学は挑戦だ』と主張できる日は来るだろうか?」
「韓国にはない日本の職人精神が生んだ結果だね!」

 

 

といった韓国ではコメントがされています。

 

なかなか相いれない部分もある日本と韓国ですが

大隅良典栄誉教授の発言を聞けば

誰しもがコツコツをした基礎研究の大切さが

分かるというものではないでしょうか。

スポンサーリンク