読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グテレス国連事務総長の出身や経歴と歴代の国連事務総長は?

f:id:bigconchan:20161006090310j:plain

アントニオ・グテレス第9代国連事務総長の出身や経歴

そして歴代の国連事務総長が気になります。

というのも

国連事務総長の任期は5年となっていますが、

混迷する世界情勢の中でのかじ取り役になった

グテレス国連事務総長の手腕に注目が集まるからと言えます。

また、

歴代の国連事務総長はどの様な経緯で選ばれるのでしょう。

スポンサーリンク

 

グテレス国連事務総長の出身や経歴は?

グテレス国連事務総長の出身はポルトガルです。

ポルトガルの首都でもあるリスボン生まれ、

誕生日は1949年4月30日です。

 

高等工科大学で物理学や電気工学を学び

助教として学問の道に進みますが

1974年社会党に入党することから

政治に関わる様になります。

 

例えば、

日本でも菅元総理は東京工業大学の出身ですが

グテレス国連事務総長も理系から

政治家に転身したということなりますね。

 

グテレス国連事務総長

1992年

社会主義インターナショナル副議長⇒議長

 

1995年10月28日から2002年4月6日

第116代ポルトガル首相

 

2000年1月から7月

欧州議会議長

 

2005年6月15日から2015年12月31日

国連難民高等弁務官

 

などの経歴の持ち主です。

 

国連難民高等弁務官と言えば

日本人としては過去に緒方貞子さんが

務めたことでも知られています。

 

ところで

グテレス国連事務総長

1998年のリスボン国際博覧会の誘致で

有名になったとされていますが

今回の国連事務総長選でも

グテレス国連事務総長の強いリーダーシップが

決め手となったと言われています。

スポンサーリンク

 

歴代の国連事務総長は?

国連事務総長の選挙というのは

事務総長は事実上、安保理決議で選ばれるため、

9カ国の賛成かつ拒否権を持つ常任理事国5カ国が

反対をしないことが必要。

 

ということをクリアしての選出となります。

 

近年の傾向として

特定の国や地域に権力が集中を避けるためにも

大陸ごとに順番で選出されることが一般的ですが

常任理事国やサミット参加国からは

選出されることはありません。

 

⇒日本からは国連事務総長

選出されないということになります。

 

ところで、

歴代の国連事務総長は・・・

 

代理:グラッドウィン・ジェブ(イギリス)

1945年10月24日から1946年2月1日

 

第1代:トリグブ・リーノルウェー

1946年2月1日から1952年11月10日

 

第2代:ダグ・ハマーショルドスウェーデン

1953年4月10日から1961年9月18日

 

第3代(代理を含む):ウ・タントビルマ

1961年11月30日から1962年1月1日

1962年1月1日から1971年12月31日

 

第4代:クルト・ヴァルトハイム(オーストリア)

1972年1月1日から1981年12月31日

 

第5代:ハビエル・ペレス=デ=クエヤル(ペルー)

1982年1月1日から1991年12月31日

 

第6代:ブトロス・ブトロス=ガーリ(エジプト)

1992年1月1日から1996年12月31日

 

第7代:コフィー・アナン(ガーナ)

1997年1月1日から2006年12月31日

 

第8代:潘基文(パン・ギムン)(韓国)

2007年1月1日から2016年12月31日

 

第9代:アントニオ・グテレス

2017年1月1日から

 

前任者の潘基文国連事務総長について

など

英国誌エコノミスト

「歴代最悪の事務 総長の一人」

と批判していますが

各国の思惑がある国連で全てが満点という訳には

行くはずはありませんが

グテレス第9代国連事務総長の手腕に期待をしたいと思います。

スポンサーリンク