読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドナルドトランプが当選した3つの理由と日本への影響は?

f:id:bigconchan:20161006090310j:plain

ドナルドトランプさんがアメリカ大統領選挙

ヒラリークリントンさんを破って

第45代アメリカ大統領となることが決定しました。

ヒラリークリントンさんは大統領選には2回目の挑戦であり、

年齢ことも考えると最後大統領選と考えられるので

のショックも大きいと思いますが

ドナルドトランプさんが当選した理由と

ヒラリークリントンさんの敗因

そして、ドナルドトランプさんが当選した理由とは

どの様な要素があったのでしょう。

スポンサーリンク

 

ドナルドトランプが当選した3つの理由

市井の人の中には、当初からドナルドトランプさんが

大統領選に勝つと予想をしていましたが

日米のマスコミや評論家と称する人々は

ヒラリークリントンさんが当選、落ち着くはずと

予想することが大半でしたので、

ドナルドトランプさんが当選すると考えていた人々からすると

スカッとしたのではないでしょうか。

 

テレビに出ている様な著名人の中では

木村太郎さんがドナルドトランプさんの勢いを

評価していた唯一の人ではないかと記憶しています。

 

ところで

ドナルドトランプが当選した3つの理由としては

  • 白人の怒り
  • 既成政党への不満
  • 既得権益への嫌悪

の3つが根底にあると思います。

 

白人の怒り

ドナルドトランプさんの主張として

メキシコからの移民を全て禁止とする様な報道がありましたが

不法な方法での入国を禁止

ということを言っていました。

 

日本でも研修などの

名目で海外から日本へ来日しても

いつの間にか、

職場から逃げでそのまま日本に居座るケースが

増えています。

 

アメリカの場合は違法移民が多く、

オバマ大統領の8年間で違法移民へのケアに

チカラを入れたことで

一般納税者がサービスを受けられなかったり

職を奪われた上にグローバル化

中間層が減って来たことで、

主に白人男性に怒りが溜まっていたことから、

ドナルドトランプさんに希望を持ったのだと思います。

 

既成政党への不満

日本でも同じ様なことが考えられますが

政権の座に居たいばかりの政策や

何も変わることがない、気の良い御用聞き、

当たり障りのないことに

アメリカでもうんざり感が充満していたのでしょう。

 

ドナルドトランプさんは

共和党からの出馬ですが

仲間であるはずの共和党の属する政治家からも

総スカン状態でも

政治家でないドナルドトランプさんが

正しいかは別としても

皆が魅力を感じてドナルドトランプさんに

勢いをつけたのだと思います。

 

既得権益への嫌悪

最近の日本では富山市議会議員による

不正な政務活動費が問題になりましたが

アメリカのヒラリークリントンさんの場合には

夫のビルクリントン元大統領と共に

非常に高い講演費や噂によれば中国からのお金の流れ

などお金にキレイでないことが

ヒラリークリントンが嫌われる一因として

皆が感じていたことでしょう。

 

日本の場合には国会議員は別としても

地方議員はボランティアで十分だと思いますが、

政治家の色を変えていかないと

日本の政治の質はグッと下がることでしょう。

スポンサーリンク

 

ドナルドトランプの当選で日本への影響は?

ドナルドトランプ大統領が誕生することで

外交や防衛そして経済が

日本にとっても世界にとっても大変なことになる

とされています。

 

憲法との整合性が必要となりますが

日本の防衛機能の底上げが必要になるかも知れませんね。

 

ところで

以前は、

アメリカの社会現象は10年くらいで

日本にやって来ると言われて来ましたが

インターネットのおかげで

速度は早まっているかも知れません。

 

日本でも口には出さなくても

はマグマの如く溜まりにたまっています。

 

日本人は比較的おとなしいので

アメリカの様な劇的な変化は起こらないと

高を括っていることでしょう。

 

ドナルドトランプさん

大阪市長橋下徹さん

を同類と見るのはおかしな話ですが

橋下徹さんの様な

既成政党や既得権益

にあまり関わりのない・・・

または一線を画した人が

一般市民から登場することを願うばかりです。

 

もちろん

素敵な政治家や行政マン・ウーマンもいるのですが・・・

ドナルドトランプさんで一度ガラガラポンをして

どうなるのか?

ちょっと怖いけど、楽しみでもあります。

 

マスコミや学者、評論家、企業の上層部と

市井の人の感覚のズレが楽しめたアメリカ大統領選でした。

スポンサーリンク