ヤマト運輸がアマゾン撤退したい理由?値上げが対策に?

f:id:bigconchan:20160316155609j:plain

ヤマト運輸がアマゾンの配送を請け負っていることで

あまりの業務の多さに通常の業務に支障が出ていると

話題になっています。

このままではヤマト運輸がアマゾン撤退したいと思う

のではないでしょうか。

また、値上げをすることが対策にもなりそうですが

今後のヤマト運輸とアマゾンの関係が気になります。

スポンサーリンク

 

ヤマト運輸がアマゾン撤退したい理由?

2013年に佐川急便がアマゾンの配送業務から

撤退したのは料金に見合わないために

値上げ交渉をするものの、アマゾン側は受け入れず

交渉は決裂、代わりにヤマト運輸がアマゾンの配送業務を

受け継ぐことになります。

 

佐川急便は自社で配達をする以外に

個人事業者などと契約をして配送をしていますが

ヤマト運輸ではほとんどが自社便なので

経費的なことはクリアすることが出来ると判断をしたのでしょう。

 

とはいえ、

 

12月などの配達がピークになる期間は

配達が多くなりますが

ヤマト運輸ではアマゾンの配達を請け負ってから

2億4000万件増えた

とされていますので、

相当の人数を増やさない限り非常に厳しいことに

なることは自明のことです。

 

ヤマト運輸の営業担当者(対アマゾン)は

どの様に試算をしていたのでしょう。

アマゾンを甘く見積もっていたのでしょうか。

 

人手不足が叫ばれる日本ですが

ヤマト運輸のドライバーさんは

過労死ラインと言われる月80時間以上の時間外労働

をしているそうで、

このままでは、ドライバーさんの健康を含め

心配なことがありそうですが行政からの指導もあり得る

のではないでしょうか。

 

さらに

 

アマゾンの商品だけでなくそのほかの商品にも

影響が出て遅配が増えれば

ヤマト運輸への信頼が揺るぐことになりかねません。

 

ヤマト運輸がアマゾン撤退したいと

思ってしまう理由としては

  • 労働条件の悪化から行政指導もあり得る
  • アマゾン以外を含めて商品の遅配が頻発する

といったことで

ヤマト運輸はアマゾンを撤退と考えるかも知れません。

スポンサーリンク

 

ヤマト運輸とアマゾンの関係は値上げが対策に?

ヤマト運輸の配達業務が増えたからと言って

特段給料が上がったという訳ではない様子。

 

ヤマト運輸の営業担当者がアマゾン側を

交渉をして落ち着いた運送料が決まっているはすですが

楽天やヤフーなどに出店をしている

複数の知人は送料無料としても

実際は送料込みの値段で

商品+送料=販売価格

として算出しています。

 

送料は出店者が負担または購入者が負担

という線引きは出来ませんが

アマゾンの無料発送がやり玉にあがることではなく

ヤマト運輸がアマゾンと交渉をもう一度して

なおかつ

ドライバーさんに応募する人が増える様な

魅力ある労働条件を出すことが必要なのではないでしょうか。

 

同時に

 

アマゾンとして

佐川急便とヤマト運輸と決裂ともなれば

有力な運送会社(宅配)は日本郵便だけとなるので

交渉はしやすいと思います。

 

アマゾンが利益率を求めることも当然ですが

送料無料絵でも商品価格の値上げが

必要な時期になっているのかも知れません。

 

また

利用する購入者も時間指定などをしたのであれば

きちんと待機して

配達を待つというマナーも求められそうです。

スポンサーリンク